AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)の原因

日本人の3人に1人はAGA(男性型脱毛症)の症状に悩んでいると言われています。抜け毛の数が多くなり、薄毛になっていく症状のAGAですがいったい原因はなんなんでしょうか?

 

大事な髪の毛がどうして抜け続ける?

AGAには原因となる物質が存在します、それがジヒドロテストステロン(DHT)です。このジヒドロテストステロンの活動が増えてくると髪の毛は本来の成長期間を待たずに、短い期間しか成長できなくなってきます。このジヒドロテストステロンは男性ホルモン(テストステロン)と酵素(5αリダクターゼ)が結びついて出来あがる男性ホルモンです。

 

成長期間が短くなった髪の毛は本来の太さ、長さにまで成長できずに抜け落ちてしまうことになります。短くて細い髪の毛が多く抜けるようになってしまうわけです。薄毛の症状を引き起こす最大の原因だと考えられています。

 

髪の毛の成長と抜け落ちるサイクルに乱れが生じ、抜けていく髪の毛の方が多くなってきて薄毛、頭皮が目立ちはじめてしまうわけです。

 

AGAは進行形の脱毛症なので放っておくと抜け毛、薄毛の状況はどんどんと悪化していってしまいます。薄毛の進行を食い止めるためには治療が必要です。その治療薬が飲む育毛剤、発毛剤プロペシア(フィナステリド)なのですね。