AGAを外側から治療

ミノキシジル

体の外側からの発毛剤として一時日本でも注目を集めた大正製薬の「リアップ」が有名ですよね。リアップにはミノキシジルが1パーセント含有されています。臨床試験の結果含有量を2パーセントに増やした場合と比較しても効果に変わりはなかったようです。

 

日本人の体質にはミノキシジルの含有量が1パーセントが最適だと判断され1パーセントの含有量に決定されたようです。アメリカでは含有量5パーセントのミノキシジルが発売されています。日本にいても個人輸入というかたちで含有量5パーセントのものを購入することは可能です。

 

 

ミノキシジルは主に新しい髪の毛が生える力を促進させるもので、継続的に使用しないと持続しないようです。抜け毛、薄毛が気になり始めた頃に使用すると満足度も高いようです。なので脱毛症の症状が進行してしまっている人にはなかなか変化がってことも多いようですね。
変化が表れやすいのは主に頭頂部、髪の毛の生え際や前頭部には変化が出難いようです。

 

直には変化が無いこと、継続的に使用しなていないことは含有率の低い、高いものにも共通していることです。

 

含有率の高いものは頭皮の変化も感じやすいようですがやはり個人の判断のみで使用することは危険も伴います。心臓疾患、高血圧の方は取り扱いに注意が必要な育毛剤です。何か症状が表われたら直に医師に相談してください。

 

AGAの治療の満足度を高めるためには専門の医師の指導の下プロペシアとミノキシジルの併用することみたいですね。薄毛に悩んでいるならagaの専門家にまずは無料相談を。

 

 

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット