AGA治療と病院

男性型脱毛症治療病院

薄毛で悩んでいるなら一度病院に行かれることをお薦めします。人それぞれ何が原因で抜け毛が多くなっているのか、薄毛の原因はなんなのかが違ってきます。

 

自分1人の判断で原因がわからないまま間違った治療法を続けないためにも専門家の力が必要です。今は病院で薄毛の治療ができるのです。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療を望むならaga治療の専門病院があります。K-BO-BOプロジェクトなるものをご存知ですか?お笑い芸人の雨上がり決死隊の宮迫さん、ペナルティーのワッキー、フットボールアワーの岩尾さん等が参加している薄毛治療プログラムです。

 

抜け毛やハゲに悩まされている芸人の方がスカルプDシャンプーを使用してどこまで髪の毛を増やしていけるかという企画です。この企画をバックアップしているのがAGA治療の専門家である医師です。

 

スカルプDシャンプーを使用して更に医師の指導の下プロペシアの服用もしているたのではないでしょうか?薄毛治療も同時に行っていると書かれていたので。特に頭皮の変化が著しいのがフットボールアワーの岩尾さんと雨上がり決死隊の宮迫さんです。

 

やはりプロジェクトを開始して3ヶ月目ぐらいから明らかに髪の毛が増えているのが画像を見ればわかります。一目両全ですね。

 

1人で間違っているかもしれない治療法を続けるよりも頭皮のプロの指導の下でしっかりとした薄毛を始めてみると変化が表れやすいかもしれませんね。諦めずハゲからの生還を目指しましょう!

 

専門病院以外では皮膚科でもAGA治療を行っているところがあります。皮膚科に行く場合は、診察前に一度確認をしてから行ったほうがいいですね。病院によっては皮膚科はあってもAGAの治療はおこなっていないといころもあります。

 

薄毛の無料カウンセリング



AGA専門病院

AGAを治療するためには病院ならばどこに行っても治療してくれるというわけではありません。治療してくれる病院は大体二つに大別できます。

 

○AGA治療の専門病院
○一般の病院の皮膚科や内科

 

専門病院で治療する場合のメリット、デメリット

 

ここではAGA治療の専門病院について説明しようと思います。
AGA(男性型脱毛症)治療の専門家がいるのが専門病院です。病院はAGAの治療のみを行っていて頭皮や髪のスペシャリストが治療にあたってくれます。

 

一般の病院とは治療方法や内容にも違いがあります。
専門病院の場合だと初回に詳しい検査をしてその後も半年に一回ぐらいの割合で実施されます。通院頻度は一ヶ月に一回で状況を先生と相談しながら治療方法を相談していきます。毎月頭皮の状態を写真撮影してくれるので毎月治療の効果が表われているのか確認できます。

 

発毛治療薬も万有製薬の飲む発毛剤プロペシアの他にも併用してミノキシジル等の頭皮に直接つけて使用する発毛剤の処方もしてくれます。症状にあわせて経過を見ながら治療薬の組み合わせをみながら治療していきます。

 

治療の費用が少し高く、1回の通院で30000円前後かかってしまいます。しかし、頭皮、髪の毛の専門家に治療してもらえる検査や診察による安心感が違います。

 

発毛治療薬も外から塗るタイプの育毛剤だけではなく内服薬と外用薬をうまく組み合わせながら治療していくのでどちらか一方のみの治療に比べて断然発毛効果にも違いがでてきます。

 

ネックになるのは治療の費用が高いことと月に1度は通院しなければいけないことでしょうか。しかし、体の変化をプラス面でもマイナス面にでも正確に検査してくれるので万が一自分の気付かないような副作用がでているkとがあったとしても安心できます。

 

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット



皮膚科と内科

AGA治療の専門病院以外で男性型脱毛症の治療をしてくれるのが一般病院の皮膚科と内科です。しかし、どこの皮膚科、内科でも治療をしているわけではないの一度電話やインターネットで確かめてみる必要があります。

 

皮膚科、内科で治療する場合のメリット、デメリット

 

一般病院の皮膚科や内科でAGA治療を行う特徴としては
検査は血液検査などは行わない場合が多く、専門病院に比べて簡素化されています。通院は1ヶ月〜半年に1回ぐらいで診察も簡単な受け答え程度のところも多く、2回目以降は紙に書くだけでプロペシアを簡単に処方してくれるところが多いです。

 

まとめて数か月分のプロペシアを購入数個とも可能なのでプロペシアが切れたらまた病院に来るといった感じでしょうか。治療薬はプロペシア単体のみの場合が多いです。費用は9000円〜18000円前後と専門病院で治療するよりも値段は抑えられます。

 

毎月頭皮の状態を写真に撮ったりはしないので記録としての変化の推移がわかり辛いかもしれません。

 

一般病院の皮膚科や内科で治療をする場合は検査無しで簡単にプロペシアを処方してくれますが検査が無かったりするので体の変化を捉えにくかったりします。副作用がでているのかも自分で判断しなきゃいけない場合もでてくるのでその点不安ですね。

 

ただ、費用が安く通院頻度も少なくてすむので一度プロペシアの効果を試してみたいと思っている人には気軽に利用できると思います。

 

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット